(初心者向け)クリティカルについての基本的なこと

      2018/01/01

クリティカル

 

スポンサーリンク

クリティカルについての基本情報

クリティカルは装備したCritChanceの確率によって発生します。(20なら20%でクリティカル発動)
そしてクリティカルが発動した場合ダメージが1.5倍にアップします。

クリティカルのダメージはユニークパッシブのCritBonus100%で強化することができ、2.5倍に上昇させることが可能です。フルアップグレードしないと発動しない点に注意しましょう。

ちなみにアイコンはこんな感じです。

クリティカル

※クリティカルダメージボーナスはユニークパッシブなので複数付けても効果はありません。なので必ずクリティカルボーナスは一つだけつけるようにしましょう。

フルアップグレードボーナスカード一覧

クリティカルを付けるメリット・デメリット

クリティカルのメリット

  • 通常攻撃が非常に強力なものになる。

クリティカルのデメリット

  1. CritBonusもつけることを考えると最低2枠必要
  2. ほとんどのアビリティに乗らない
  3. パワーをクリティカル確率などに割くのでアビリティダメージが下がる
  4. そこそこ確率を上げないと効果が薄い

クリティカルがのるアビリティ

クリティカルが乗るアビリティはツインブラストのラピッドファイヤ、スパローのUltの真ん中の矢、セラスのヘブンズフューリーなどです。基本的にアビリティダメージ判定のものはクリティカルは発動しません。

クリティカルはどのくらいのせればいい?

40%から80%ぐらいの間がおすすめです。幅広いですが好みもあると思うので使ってみて決めてみてください。自分はクリティカル発生率に安定感が欲しいので80近くまで上げています。

クリティカルを付けるべきヒーロー・付けるべきではないヒーロー

クリティカルを付けるべきヒーロー

キャリー(ADC)は現状全員クリティカルはほぼ必須です。必ず付けましょう。

ファイター(メレーヒーロー)に関してはアビリティダメージが高いヒーローに関してはクリティカルは付けず、タンク系ビルド(アーマー・ヘルス・パワー)がオススメです。(クランチ等)
もしメレーでクリティカルを付けるとしたらセラス(セラスはキャリー枠だから必須)・グレイストーン・カイメラ等だと思います。

キャスター(アビリティで戦うヒーロー)に関してはアビリティにはクリティカル乗らないので、パワー上げでアビリティのダメージアップ等他にCPを振りましょう。
キャスターにクリティカルは付けてる時点で地雷確定みたいなものなので絶対に付けちゃだめだぞ!

 - 攻略