CPの廃止等今後のParagonの変更について

      2018/01/01

交流戦

この前のコミュニティコーナーで話していたことらしいです。英語を聞き取れないので見てませんでしたが、英文でまとめてくれている文章を教えていただいたので翻訳し、個人的な予想を書いていきたいと思います。(翻訳・予想が間違ってるかもしれないので参考程度にどうぞ)

スポンサーリンク

今後の変更について

追記:太字が翻訳部分で、それ以外は僕の予想等なので確定情報ではありません

 

• カードポイントは0.42.xパッチで廃止されます。
おそらく他のMOBA同様お金で購入という形になると思われる。0.42.xとなっているので1ヶ月後ぐらい?(現在が0.41.1)

お金の上限が排除される(今までのように60CPが上限というのがなくなる)

霧の壁を通過した場合3秒間透明になるという効果の新しいカード効果を追加

最小ビルド/最大ビルドというのをなくし、すべての状況に最適なビルドはありません?
翻訳が間違ってるかもしれませんが今までみたいに最初は低コストで全部埋めて後で高コストに全部変えるというものではなく、一つ一つのアイテムをしっかり強化していって最終ビルドを目指すという感じでしょうか?すべての状況に最適なビルドが無いというのは、カードデッキがなくなり、状況によって自由にビルド構築できるようになるよってことなのかなと思います。(例えば相手がどのアイテム持ってるからこのカードをカウンターで持ちたいけどデッキに入ってないみたいなのがなくなるとか?)

ステータス値は経済的価値を持たない? (1cp = 6.5ダメージのような概念がなくなる?)
ステータス値は購入したカードによって同じ値段でも上がるステータス値が違うということなのかもしれません。

アフィニティはより特徴的なものになる。各アフィニティは他のアフィニティが得られないようなものを提供する
アフィニティが違っても同じような内容のカードがいっぱいありましたがそれを無くすもしくは減らすような調整をしていくのだと思います。

アフィニティの名前の変更"intellect(インテレクト)はknowledge(ノーレッジ)に" "fury(フューリー)はchaos(カオス)に""corruption(コラプション)はdeath(デス)に"
アフィニティの特徴をより明確にするための名前の変更だと思います。

ワードをレアなものにし、ステルスや視界を取れるヒーローにインパクトを出す。
予想ですがいままではワードを買うことのデメリットがほぼ無かったですが消費式もしくは補充に購入等になってワードを持ちにくくする感じになるのかなと思っています。カラーリとレイスの強化

ミュリエルはバランス調整が難しくいつも強すぎるかたいして使えないかでバランスが中々とれません。リワークを検討しており、今年の後半に向けてリワークする可能性があります。

 

あとイギーもリワーク来るようですが正確な情報がないのでここでの紹介はやめておきます。

 - ニュース